Shion Midorikawa

Illustrator

熊谷桜堤でお花見ポートレート

58 views
約3分

桜と菜の花🌸

「熊谷桜堤」でお花見ポートレートを撮ってきましたので

その時のポートレート写真を

まとめてお見せしたいと思います✿

今回の機材は

カメラ📷

・leicasl2s

レンズ

・sigma 85mm f1.4 dg dn

です!

今回は全て自然光で撮っています!

いちばんのお気に入り🌸
菜の花の彩度を下げて、お花を白にしました。
なるべく少ない色で構成すると上品になり、わたしはすきです。

めずらしく自然なポーズ
リラックスした表情ですね☺︎
緊張しいので、気づかない時に撮ってもらうと
自然で柔らかですね。

きいろばーじょんと
しろばーじょん
きいろは、かわいい
しろは、儚い
この写真は座敷童っぽいから
かわいいがいいかな〜
前ボケで花を入れることによって
こっそり覗いているかのようなシーン

お気に入りの下駄〓
ほそうされた道よりもやっぱりふんわり土の上の方が
とっても歩きやすい

とっても暖かな春になったので
まっしろに朱色のちょうちょの着物と
朱色のチューリップの帯コーデ
まっしろで儚い中にかわいいアクセントカラー

これは儚げクールな印象になるよう、
少し暗めにしました。
黒髪が映える色作り
下の枯れ草がとても良い色をしていたので、
この写真は緑の彩度を少しだけ残しました。

この写真は、この間切り揃えてもらったばかりのボブが美しいの。
眠ってしまったのかな、落ち込んでいるのかな
たまにはこんなポーズもいいかも。

この写真はちょっとCMみたいだね。
このポーズ実は、小さな虫さんがたくさん飛んでいて
吸ってしまわないよう必死なポーズなのです。(笑)

桜の裏からぼーっとしているわたしを撮る高度テクニック
何か手前に持ってくると、ぼーっとしている人も美しく見えてしますのでしょうか。
不思議です。右にギャラリーが…恥ずかしい。
ポートレートを撮っているとやはり、視線が気になります。
あがり症なので。

以上、お花見ポートレート写真でした。
いかがでしたか?
ライカカメラのおかげなのか、アートレンズのおかげなのか
とてもいい色を出してくれていました。
わたしのポートレートの型も見えてきた大進歩撮影でした。

アートを感じた。儚げを感じた。など、
ちょこっとでも…
こっそりご感想を頂けますと、励みになります🌼
みなさん、穏やかで健やかな春をお過ごしくださいませ。

About The Author

shion
美術の推薦で専門学校に入学し、卒業後はフリーランスのイラストレーターとして活動中。

ふしぎなせかいにまよいこませる、美しく壮大な絵本作りを心掛けている。
Follow :

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE